妊娠中 花粉症 肌荒れに

MENU

妊娠中の肌荒れ|原因は花粉症のことも。。。

■妊娠中に花粉症になる確率は高い

 

妊娠中は、自分では想像がつかないくらい体内の環境が変化しているものです。

 

ですから、今まで何ともなかった人が花粉症になることも珍しくはありません。

 

また、妊娠する前から花粉症だった人はさらに症状が悪化してしまうこともあり、妊娠をすることでなにが起こるのかはかなり未知数であることがわかります。

 

■妊娠で花粉症になるのはなぜ?

 

妊娠すると普段のホルモンバランスとは違い、妊娠に耐えられるようにホルモンが分泌されるようになります。

 

妊娠を継続するために必要不可欠なホルモンバランスが、自律神経や体内の環境を乱れさせるため、花粉症になってしまうことがあります。

 

もちろん、ならない人もいるので一概には言えませんが、妊娠をきっかけに体質が変わってしまったという女性も少なくありません。

 

■肌荒れと花粉症の関係

 

妊娠によりお肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こす事が多くなるのはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、花粉が飛ぶ季節になると、花粉症になるばかりか肌荒れを悪化させてしまう恐れもあるので、しっかりとケアしていくことが大切です。

 

体の免疫力を高めることも大切ですので、規則正しい生活と十分な休息、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

また、外的な要因から刺激を受けやすくなっているので、肌荒れを引き起こさないためには保湿と保水に力を入れましょう。

 

ホルモンバランスの乱れで肌のバリア機能も低下していることがあるので、角質層にまでしっかりと潤いを与えられる基礎化粧品を手に取りケアすることで肌荒れに負けない潤いに満ちた素肌へと導くことができます。

 

本サイトでは、肌に優しく肌のバリア機能を高める基礎化粧品を以下のページにてご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

妊娠中の花粉症で肌荒れ|優しい基礎化粧品はコチラ