妊娠中に化粧水が合わなくなった

MENU

妊娠中に化粧水が合わなくなってしまった方へ

■妊娠中に肌が荒れるのははぜ?

 

肌荒れを引き起こす原因はいろいろ考えられるものの、妊娠中はホルモンバランスが乱れていることや妊娠による不安感、体調の変化などで食べる食事の内容が変わってしまうため、肌荒れを引き起こすことが多くなってしまうと考えられています。

 

ただ、人それぞれ現れる肌トラブルは様々で、乾燥してカサカサしたり粉をふいてしまったりする人もいれば、逆に皮脂の分泌が多くなってお肌がベタつくといった症状が現れる人もいます。

 

■肌の状態が変わるとどうなる?

 

肌の状態が変わったのであれば、相応のケアをしていけばもちろん問題はありません。

 

しかしながら、妊娠中はホルモンのバランスが乱れるために、今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなったりすることも多くなります。

 

そのまま使い続けることは、やはりお肌には良いとは言えないですし、十分にケアできているとは言い難いため、肌荒れがよけいに酷くなったりしてしまう可能性も否定できません。

 

■敏感になりやすい妊娠中の肌のスキンケア対策

 

どんな肌トラブルが起こってもおかしくはない妊娠中。

 

今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなった時は、敏感肌の方にも安心して使うことができるスキンケア商品に変えてお手入れをしていきましょう。

 

どんな肌質に変わってしまったとしても、保湿と保水は重要なポイントとなることに違いはありません。

 

お肌の奥深くにまでしっかりと潤いを与えられ、なおかつお肌に優しく作用してくれるスキンケア商品なら、妊娠による様々な変化にも耐えられるお肌へと導くことができるでしょう。

 

妊娠中の肌荒れに効く基礎化粧品はコチラ