妊娠中 乾燥肌

MENU

妊娠中に乾燥肌にお困りの方へ

■肌が乾燥する原因

 

季節的なものももちろん関係してきますが、妊娠中は女性ホルモンの分泌が特に活発になります。

 

それは妊娠を継続するために必要不可欠なものであるのですが、逆に女性ホルモンが活発になることで皮脂の分泌を左右する男性ホルモンの量が低下してしまうため、今まで特にこれといった肌トラブルに見舞われた事がなかったという人でも乾燥肌になってしまうことも多くなってしまうのです。

 

■乾燥するとどうなる?

 

少し乾燥したくらいでは、自覚症状はさほどありません。

 

しかしながら、それが積み重なることでカサカサし化粧水をつけるたびにしみてヒリヒリしてきます。

 

また、外的な刺激を受けやすくなっているため、シミができたりブツブツや湿疹ができたりと、肌トラブルはどんどん酷くなっていってしまいます。

 

■妊娠中だからこそスキンケアに注目

 

普段とは違ったホルモンバランス、お肌のコンディションだからこそしっかりとケアをしていきたいものです。

 

特に乾燥肌は様々なトラブルの引き金になるので、しっかりとお肌にうるおいを与えてあげるようにしましょう。

 

潤いが与えられたお肌というのは、外敵からの刺激からお肌をしっかりと守ってくれるので妊娠による様々なトラブルを回避することができるようになります。

 

特に保水と保湿に心がけるだけで、お肌の乾燥は十分に防ぐことができますので、妊娠によりお肌の状態が変わってしまった方でも健やかな素肌へと導くことができるようになるでしょう。

 

妊娠中のスキンケアに最適な基礎化粧品はコチラ