頬 小さな赤いブツブツ

MENU

頬に小さな赤いブツブツがある方へ|妊婦の肌トラブル

■肌荒れを起こす原因

 

ちょっとしたことで女性のお肌は変わりやすいもの。

 

特に妊娠など、女性の体に一大変化が起こるときは、ホルモンのバランスが今までとは変わるため、頬にブツブツができたり化粧水をつけるとヒリヒリするといったお肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

妊娠したことで女性ホルモンが優位になるため、皮膚を外敵から守ってくれるはずの皮脂の分泌をつかさどっている男性ホルモンが低下してしまうのも、肌荒れを引き起こす要因として考えられています。

 

■妊娠により起こる変化の表れ

 

もちろん、妊娠によって起こるからだの変化はこればかりではありません。

 

お腹が急激に大きくなるため、お腹に妊娠線ができたり体重の増加でふくらはぎの裏に肉割れができてしまったりすることもあります。

 

子供を授かることができた一つの勲章でもありますし、気にし過ぎることで余計に症状が酷くなることもあるので、妊娠による様々な変化は臨機応変に対応し、受け入れていくということも大切です。

 

■肌ケアで十分な効果が得られる

 

妊娠中に変わってしまった肌質には、スキンケア商品を変えてお手入れをしていくことをお勧めします。

 

頬のブツブツやヒリヒリはお肌が乾燥していることにより起こっている症状ですので、乾燥を防ぐためにしっかりと保水&保湿をしてあげましょう。

 

お肌に優しく作用してくれるスキンケア商品で保湿することで、妊娠により敏感になっているお肌でも健やかで潤いのある肌へと導くことができます。

 

本サイトでは以下のページにて妊娠中の肌の変化に対応する基礎化粧品をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

肌内部の水分バランスを整え、トラブルを改善する基礎化粧品はコチラ