妊娠中 肌 ボコボコ

MENU

妊娠中に肌がボコボコになってしまった方へ

■妊娠で肌荒れになるのはどうして?

 

原因はいろいろとありますが、妊娠中の肌荒れの多くはホルモンバランスが乱れていることが原因で起こっています。

 

女性ホルモンの分泌が盛んになり、逆に男性ホルモンの分泌量が少なくなるので、男性ホルモンの働きでもある皮脂の分泌量が急激に少なくなってしまい、お肌が乾燥しカサカサしたり粉をふいたりしてしまいます。

 

また、吹き出物やニキビもできやすく、肌触りがボコボコするなど様々な肌荒れを引き起こすのが妊娠中なのです。

 

■吹き出物やニキビを予防するには

 

妊娠中の吹き出物やニキビは、出産後、ホルモンのバランスが整ってくるにつれて治まってくることがほとんどです。

 

ですからあまり気にすることはないのですが、肌触りも悪いですし、ボコボコしているお肌では出かけるのもおっくうになってしまいます。

 

ホルモンバランスを整えるということは非常に難しいため、スキンケアをしっかりと行っていくのが改善への一番の近道だと言えるでしょう。

 

■吹き出物やニキビには保水と保湿が大切

 

お肌の皮脂の量が少なくなっていることも原因としては考えられます。

 

しかし、お肌の保湿力が低下しているために水分が蒸発し、外的な刺激から肌を守るバリア機能が弱くなっていることが吹き出物やニキビができやすい一番の原因です。

 

ですから、お肌の奥深くにまでしっかりと水分を浸透させながら保湿力を高められるスキンケア商品を手に取りましょう。

 

また、お肌が敏感になっている時でもあるので、お肌に優しい敏感肌にも安心して使えるものがおススメです。

 

妊娠中に肌がボコボコしてしまった方へ|バリア機能を高める基礎化粧品はコチラ