妊娠中 肌荒れ 真っ赤

MENU

妊娠中の肌荒れで真っ赤になってしまった方へ

■真っ赤になる原因

 

妊娠しているしていないに関係なく、肌荒れを起こすことはあります。

 

しかしながら、妊娠中は特にホルモンバランスが乱れてしまっているので、肌荒れを引き起こしやすくなってしまっています。

 

肌荒れが酷くなると、真っ赤になって化粧水がしみてヒリヒリしたり、粉を吹いたようにお肌がかなり乾燥した状態になることも少なくありません。

 

■妊娠中の肌荒れはいつまで続く?

 

妊娠したことで肌荒れを引き起こしてしまった場合、産後、ホルモンバランスが徐々に整ってくるようになると、トラブルも少しずつ軽減してくると言われています。

 

ただ、これにはかなり時間がかかることに加えて、全く元の状態に戻るかといえばそうではないこともあるため、日ごろからしっかりとケアをしていくことが大切です。

 

■敏感になっているからこそ保湿を

 

ホルモンバランスが乱れ、お肌のバリア機能がかなり低下している妊娠中は特に、保湿をしっかりと行うことをおススメします。

 

お肌の水分が不足しているために、外的な刺激から影響を受けやすいのも事実なのでお肌に充分な潤いを与えてあげましょう。

 

また、妊娠したことがきっかけで今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなることもあります。

 

このような場合、お肌が敏感になってしまっていることもあるため、敏感肌でも安心して使うことができるものを手に取りましょう。

 

妊娠中は想像をはるかに超えた体の変化を実感することができるものでもあります。

 

大きくなるお腹に喜びを感じながらも、お肌のトラブルを回避するために、しっかりと保湿&保水をして健やかな肌作りを行っていきましょう。

 

敏感肌を優しく潤す基礎化粧品はコチラ