妊娠後期 肌の乾燥

MENU

妊娠後期で肌の乾燥がすごい方へ

■肌荒れは良くなる?

 

妊娠中には、考えてもいなかったような肌トラブルに見舞われることがあります。

 

普段ニキビができにくかった人もニキビができてしまったりシミができやすかったりするため、気づいたら今までなかったようなところにシミができてしまっていたなんてことも少なくありません。

 

出産してしばらくすると体の状態も元に戻るため、このようなトラブルに見舞われることは少なくなりますが、産後に何もトラブルが起こらないというわけではありません。

 

■特に妊娠後期には注意を

 

いよいよ出産が近づいてくるにつれ、体の変化も著しくなってきます。お腹は日に日に大きくなります。

 

嬉しい半面、肌の乾燥がすごくひどくなり、カサカサし粉をふいた状態になってしまう方もいます。

 

こうなってしまうと化粧品がしみてヒリヒリしてしまうので、そうならないようにしっかりとケアをしていくことが大切です。

 

■妊娠後期は保湿に心がけて

 

お肌が外からの刺激を受けてもトラブルに見舞われないよう、普段はお肌のバリア機能がしっかりと働いてくれているのですが、妊娠後期になるとお肌のバリア機能がかなり低下してしまっているので、保湿に重点をおいてケアをしていきましょう。

 

日頃のスキンケアで、妊娠中のお肌が健やかになるかどうかが決まります。

 

薬やサプリメントを飲むことができないですから、お肌に優しくしっかりと作用してくれる化粧品を使って上手に効率よくケアをしていくことが大切です。

 

保湿を心がけるだけで、乾燥は劇的に良くなるでしょう。

 

妊娠後期の乾燥トラブルを改善する保湿化粧水