妊娠中 ホルモンバランス 肌荒れ

MENU

妊娠中のホルモンバランスの乱れで肌荒れにお困りの方へ

■女性ホルモンの働きとは

 

妊娠によってホルモンバランスが変わることはすでに知っている方も多いのではないでしょうか。エストロゲンというホルモンは子宮や胸を大きくする働きがあります。また、エストロゲンの分泌が盛んになると色素沈着を引き起こしやすくなります。シミができやすいのはこのためです。

 

また、プロゲステロンというホルモンは妊娠を維持したりする作用があります。便秘をしたり胃がムカムカしたりといった症状を引き起こすのが、このプロゲステロンです。また、エストロゲンと同じように色素沈着を引き起こす要因となるホルモンでもあります。

 

■なぜ肌荒れに?

 

ホルモンバランスが乱れる妊娠中は特に、肌荒れを引き起こしやすいと言われています。肌荒れが起こるのは、本来お肌のバリア機能を高めるために働いていたホルモンバランスが妊娠をしたことがきっかけになって、お肌を守ろう、健やかにしようという力が弱まってしまうために起こります。

 

人それぞれ現れる症状には違いはありますが、肌トラブルが出ない人の方が少ないと言っても言い過ぎではありません。

 

■妊娠中にぜひやっておきたいスキンケア

 

ホルモンバランスが乱れてしまうのは、妊婦さんなら自然なことなのでこればかりはどうすることもできません。かといって、肌トラブルをそのまま受け入れればいいかといえば、そういうわけでもありません。妊娠により起こる肌トラブルのほとんどは、お肌の保水力と保湿力が低下しているために起こっています。ですので、しっかりと保水と保湿をしてあげれば、トラブルを回避することは十分可能になります。

 

妊娠中の肌荒れを保湿する基礎化粧品はコチラ