妊娠初期 赤ら顔

MENU

妊娠初期の赤ら顔にはこの基礎化粧品

■赤ら顔の原因

 

妊娠初期は今まで以上に肌トラブルを感じやすい時でもあります。

 

ホルモンバランスの乱れが主な原因でお肌のバリア機能が低下し、肌が突っ張ったりカサカサしたりかゆみが出てきてしまったりするのです。

 

はじめのうちはちょっとした肌トラブルだったとしても、症状を放っておくことで皮膚が炎症を引き起こし、赤ら顔になったり、スキンケア商品がしみるといった症状を招いてしまったりする可能性があります。

 

ひどくなると粉をふいてしまい、赤ら顔というだけでは収まらなくなってしまう恐れもあります。

 

■妊娠初期は十分なケアと休息を

 

妊娠初期は、つわりが起こったり精神的に不安定になりやすかったりする時でもあり、体調を崩してしまうことも多いですし、つわりが酷い場合は十分な栄養を補給することができないために、肌荒れを引き起こすことも少なくありません。

 

体調がすぐれない時は、無理をせず横になって十分な休息を取ること、また時間をかけずに簡単にできるスキンケアで妊娠による肌トラブルを予防・軽減・改善していくことが大切です。

 

■おススメのスキンケア方法

 

体調がすぐれない時に入念にスキンケアをするのはとても辛いものです。

 

ですから、気軽に手に取ることができて簡単に扱え、なおかつ効果があるものがベストです。

 

赤ら顔は、乾燥やお肌のバリア機能が低下しているために起こることが大半ですので、しっかりと保湿をしてあげましょう。

 

また、お肌が敏感になっている時でもありますので、肌に優しいものを手に取ってお手入れをしてあげることが大切です。

 

保湿をしっかりと行っていくだけで、お肌のバリア機能が高まり、外的な刺激から守ることができるようにもなります。

 

本サイトでは、以下のぺーじにて妊娠中の肌トラブルを改善する基礎化粧品をご紹介していますので良かったら参考にしてみてください。

 

妊娠初期の赤ら顔に効く基礎化粧品はコチラ